なぜ習慣化は難しいのか

habit clock 3D

そもそも、なぜ習慣化は難しいのでしょうか。私は、行動を起こす決断を脳に頼りすぎているというのが大きいと思います。

巷には、魅力的な広告が溢れています。「1日10分で痩せられる」「テレビを見なが腹筋を鍛えられる」「ただ聞くだけで英語が話せるようになる」などなど…。でもそれで目標を実現できた人は何人いるのでしょうか。

目標を実現するためには、「行動」することが重要です。そして、行動をするためには、そのための場所・体力・精神力・時間・資金力などがすべて揃うことが必要なのです。これらがすべて満たされているのかどうかも分からずに、ただ頭の中で「やるぞ!」と思っただけでは、習慣的に行動するのはとうてい無理な話です。

脳は結構いい加減なものです。例えば、本を読んでいるとき、内容に集中しようとしていても、いつの間にか文字を目で追うだけで頭では別なことを考えたりしていませんか?或いは、集中して仕事をしようと思ってPCの前に座っても、ついパッと思いついたことのネット検索に走ってしまったり。。モチベーションを常に高く保つことなど、そもそも出来るはずはないのです。

あれこれと夢や目標を思案しているときは、わくわくするような、高いモチベーションを持てるようなことを目標に据えるべきです。そして、実際に行動のフェーズに入ったら、もう脳に頼るのは止めてしまいましょう。ただ粛々と、行動を継続すればいいのです。システマティックに、そして少しだけ、脳にご褒美を与えながら。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です